Filtering by Category: Publications

ESTHÉTIQUE 創刊号

Added on by Saori Fukasawa.

日本美学研究所発行「ESTHÉTIQUE」創刊号に、新作詩『わたしという宮、または身体詩』を寄稿しました。

”フランス語で美学を意味する「エステティーク(ESTHÉTIQUE)」。
美を愛し、美を求め、美に狂った全ての人へ。”

ー日本美学研究所ウェブサイトより引用

 ESTHÉTIQUE Vol.1 美学研究所

ESTHÉTIQUE Vol.1
美学研究所

Bacchanales n°49

Added on by Saori Fukasawa.

Maison de la Poésie Rhône-Alpes 発行の詩とレビューを集めた定期刊行物『Bacchanales 49号』に自作詩<世界は点滅するモザイク模様のように>を寄稿しました。
今号のテーマは「詩と科学」。

光栄にも、わたしの詩にイラストを描いてくれたのは、アルジェリア生まれの画家、Rachid Koraïchi 氏。
現在はチュニジアとフランスを行き来しながら、活動されている。
古代のアラブの経文のような文字の洪水の中、鳥、魚、植物の絵が曼荼羅状に描かれている。
アラブの宇宙観が立ち現れる、素晴らしい絵だ。

 Bacchanales Vol.49 Maison de la Poésie Rhône-Alpes

Bacchanales Vol.49
Maison de la Poésie Rhône-Alpes

A Poem in "Bacchanales Vol.49" 

I have contributed a poem, "The World Like A Blinking Mosaic" to “Bacchanales Vol.49”, a series of poetry and reviews published by Maison de la Poésie Rhône-Alpes.

The theme for this issue is “Poetry and Science”.
It is a great honor to work with Mr. Rachid Koraïchi drawing an illustration for my poem.
He was born in Algeria and now lives and works in Tunisia and France.
He illustrates a view of the Arabic universe by drawing the birds, fish and plants surrounded by the Sutra-like writing, just like mandala.

Monge Monde vol.4

Added on by Saori Fukasawa.

フランスの Rafael de Surtis 社より発行の文芸誌、「Monge Monde vol.4」に詩が掲載されました。

編集者の Vincent Calvet 氏とは、一昨年の暮れ、グルノーブルで開催された国際詩祭で出逢った。
その時彼は、フランス国内に限らず世界中の優れた詩人を紹介する、小さいけれど深い宇宙を内包する文芸誌を作りたいんだ、と話し、私に声を掛けてくださった。
まさに「Monge(食べる) Monde(世界)」、世界を食べる文芸誌である。
今回は「世界は点滅するモザイク模様のように」を寄稿したが、Jean-Marc Legrand の素晴らしい翻訳も手伝い、とてもよい反応をいただいた。
リクエストもあって、日本語の原詩も仏語訳の後に併せて載っている。

Vincent、Jean-Marc の両氏に最大の感謝を贈りつつ、極東から来た私のような詩人を好奇心旺盛に迎えてくれる、フランスの寛大な文学を受け入れる懐の深さにも敬意を表したい。

 Monge Monde vol.4 Rafael de Surtis

Monge Monde vol.4 Rafael de Surtis

A Poem in “Monge Monde vol.4”

I have contributed a poem "The World Like a Blinking Mosaic" to “Monge Monde vol.4”, a poetry magazine published from Rafael de Surtis in France.

I met Vincent Calvet, the publisher of the magazine at the International Poetry Festival in Grenoble at the end of 2011.
He told me that he wants to create a poetry magazine that has a various poets from around the world and also it should be small yet carrying a deep universe in its content. It is just like eating the world as “Monde(eat) Monde(the world)” and I immediately agreed to write for his magazine.
With a great help from my translator Jean-Marc Legrand, I have contributed “The World Like A Blinking Mosaic” and have received a lot of positive feedbacks on it.
Also there is a Japanese version of the poem printed followed by the French translated version.

I would like to dedicate my biggest thanks to Vincent and Jean-Marc and also my biggest respect to their positive attitudes on introducing and helping poets from around the world.

星座 Vol.62

Added on by Saori Fukasawa.

かまくら春秋社より発行の文芸誌、「星座ー歌とことば」の巻頭詩コーナーに、詩を寄稿しました。

十年前、同誌の連載を通して詩人、白石かずこさんを知ることとなり、そこから現代詩を書いていこうと決意したという、わたしにとっては恩人のような存在の本である。
この出逢いを再び現在の私と結びつけてくれた、編集者の井上さんに心より感謝を申し上げたい。

今回寄稿の詩のタイトルは「脱ぎ捨てた身体」。
挿絵は画家の吉野晃希男氏によるもの。

A new poem in “Seiza -Poetry and words vol.62”


I have contributed a poem for the leadoff poetry in “Seiza -Poetry and words vol.62”, a leading magazine on Tanka(short poem) and poetry published from Kamakura Syunjyu-sya in Japan.

Ten years ago, I discovered a great poet, Kazuko Shiraishi through her serial in the magazine and it was the start of meeting poetry and its depth.
So now today, I would like to thank Ms. Inoue, my publisher who gave me this great opportunity and connect me with the magazine again.

The title of my poem in the magazine is “Cast-off body”.
The illustration is by Akio Yoshino. 

Bacchanales n°47

Added on by Saori Fukasawa.

Maison de la Poésie 発行、詩とレビューを集めた定期刊行文芸誌「Bacchanales 47号」に『私のお葬式』を寄稿しました。
今号のテーマは「木」。
同詩人会所属のメンバーによる詩作品が多数掲載されています。

 Bacchanales n°47

Bacchanales n°47

A poem in "Bacchanales n°47"

I have contributed my poem "My Funeral" to the newest edition of “Bacchanales”, a series of poetry and reviews has been published by Maison de la Poésie.
The theme for this issue is “wood”.
There are also a several other poets from the association contributed their works for the issue.