ロッテルダム国際詩祭についての小さなレポート

Added on by Saori Fukasawa.

二週間前、わたしはロッテルダムにいた。ロッテルダム国際詩祭を観に行くためである。今年で第四十二回になるこの詩のカーニバルは、世界中から名のある詩人が集まる、ヨーロッパで一番大きな国際詩祭である。
詩祭に招かれたほぼ全員の詩人のリーディングを観たが、特にアメリカから参加したトゥロン・トランが印象に残った。彼はベトナム・サイゴンで生まれ、後に両親とともにアメリカへ移民として渡った、ベトナム系アメリカ人一世である。詩人であるとともに、ビジュアルアーティストとしても活躍し、現在サンフランシスコのミルズ大学でも教鞭を取っている。
四人の詩人が参加した「詩の型」についてのディスカッションの中で彼が言った「詩はそれ自体教会のようなものである。外見はいかにもおとなしく、整理されていて、思慮深く見える。しかし内側は混沌である」という言葉に、深く啓蒙された。

ディスカッションの様子。 左から:Samuel Vriezen、Truong Tran、Bakhyt Kenzjejev、Doina Ioanid、Robert Hass

ディスカッションの様子。
左から:Samuel Vriezen、Truong Tran、Bakhyt Kenzjejev、Doina Ioanid、Robert Hass

会場ロビーの様子 At the lobby

会場ロビーの様子
At the lobby

ショーの前に流されたアートフィルム A short film played before the show

ショーの前に流されたアートフィルム
A short film played before the show

すべての詩人は、欧州最大の港であるロッテルダム港の開く口に飲み込まれるように、この小さな国際都市に到着した。

Little Report from Poetry International Festival Rotterdam

Two weeks ago, I visited Rotterdam to attend the 42nd annual edition of Poetry International Festival Rotterdam. This carnival of poetry is one of the biggest in all of Europe and attracts poets from all over the world.

I managed to attend the poetry readings of almost all the invited poets, which were all fantastic, but one poet in particular stood out and left a big impression on me. Truong Tran, a first generation Vietnamese-American from the USA, is a multi-talented poet and is also known as a visual artist. In a discussion about the formation of poetry, I was enlightened to hear Truong say that "Poetry itself is a church. Outside is subdued, organized and judicious, but inside is chaos."

All the festival poets arrived in this little international town like if they were swallowed by the mouth of Rotterdam, Europe's biggest port.