フィリップ・ジャコテ「冬の光に」

Added on by Saori Fukasawa.

詩人の仕事が既にそこにある言葉というものの意味を理解し、それを詩と呼ばれる形に構築し表現することだとしたら、フィリップ・ジャコテはガラスを吹くように、言葉の持つ意味そのものを膨らまし、言語を根源的に理解させる詩人なのかもしれない。

無言。語(ことば)と語を結ぶ絆もまた
壊れ始める。彼は語を離れる。
境界。束の間。
私たちは ふたたび彼を見る。
もはや彼は ほとんど聞くことができぬ。
私たちは この異邦人に呼びかけることができようか、私たちの言葉を
忘れたのならば、もはや立ち止まって 耳を傾けないのならば?
彼はよそに用があるのだ。
彼はもはや 何の用もない。
私たちの方へ向いていても、もはや 彼の背中しか見えぬかのようだ。
— 「教え(ルソン)」, p18

言葉が生まれる以前にあるもの。
世界から意味が消えたあとに残るもの。
生命が孕むこの無言の深淵にジャコテは触手を伸ばし、知識による前提を必要としない、人間の核、コアに触れる。

ジャコテの選ぶ詩的モチーフはどれも透明感に溢れている(クリスタル、真珠、花(fleur)、太陽、光、他たくさんの植物など)が、皆どこかひんやりと冷たく、「冬の光に」照らされる景色が拡がる。
これらは生を感じさせるモチーフだが、一方で死を感じさせるものも多い(牢獄、死刑執行人、死神、石棺など)。

昼と夜を反芻するように、生と死のモノクロームのせかいの中で、言語そのものへの信頼と不信の境を行き戻りつ、少しずつ核に近づいていく。
フィリップ・ジャコテ個人の存在を行間からなるべく消し、ポエジーが描き出す風景の中に、人間の核のみとしての自らを置き、そのフィールドを歩き回ることによって、人間あるいはこの宇宙の孕む「無言の根源」を見つけようとしているのかもしれない。

そしてジャコテはある場面と出会う。

僧侶たちは 読経する
かつて耳にしたこともない この上なく力強く低い声で
あたかも牛たちが 詩編を反芻しているかのようだ、
何頭も繋がれて 永遠という硬き場(フィールド)を
休みなく掘り起こすために。
— 「歓びと言う語」、p163

経を読む僧侶はジャコテであり、世界中の詩人たちであり、生と死の巨大な矛盾を生きる私たちである。
肉体と言語の鎖に繋がれていても、その永遠を呼ぶ声は力強い。

生と死を限界まで咀嚼し、このような詩が書けるようになるには、一体どれくらいの時間と体験が必要なのかを考えると目暈がするが、今はひたすらインクを消費することしかない。

冬にお薦めする一冊。

冬の光に 附・雲の下の想い―フィリップ・ジャコテ詩集冬の光に 附・雲の下の想い―フィリップ・ジャコテ詩集
フィリップ ジャコテ Philippe Jaccottet

国文社 2004-02
売り上げランキング : 1432207

Amazonで詳しく見る
by G-Tools