Le Dauphiné Libéré 記事掲載

Added on by Saori Fukasawa.


8月29日付の “Le Dauphiné Libéré” 紙に、先月27日に開催された「Concert de solidarité pour le Japon」の記事が掲載されました。わたしの詩についても触れられているので、一部抜粋します。

詩人・深澤紗織は和太鼓、琴、アラブギターと共に詩を朗読。大きくスクリーンに映し出されたフランス語の翻訳と共に、希望の光を聴衆に届けた。まだ若い詩人であるにもかかわらず、過去には文学賞を受賞、そして最近になり初詩集「世界は点滅するモザイク模様のように」を出版した。

ー一部抜粋・翻訳


An article of the festival “Concert de solidarité pour le Japon” held on 27th August was published in a french newspaper “Le Dauphiné Libéré” on 29 August. I would like to quote some lines about my poetry as following:

The poet Saori FUKASAWA read poems with the music of koto, taiko and Arabic guitar. Her poetry, translated in french on a  screen approaches current themes in a lucid way while bringing a light of hope. In spite of her youth she has already obtained a prize for her work and published recently a collection of poems : the world like a blinking mosaïc.

Excerpted