[30th Mar 2011] Lecture de Poèmes du Japon

Added on by Saori Fukasawa.

3月30日にフランス・ドメーヌ大学(グルノーブル)行われたポエトリーリーディングの様子。
今回は急遽、東日本大震災へのチャリティイベントとして義援金・日本支援のお願いを目的として開催さた。
約30分の朗読の後、大学側からの要請のもと、今回の震災に関する講義を開き、聴衆の方から質問を募集し対談した。
こんなに離れている土地で、みな心から日本を心配してくれていて、わたし自身とても勇気づけられる会となった。
原発依存率70%を超えるフランスでは、福島第一原発で現在起こっていることへの国民の関心も非常に高く、講義の中でもみな真剣に耳を傾けていた。
わたしからは、安全・クリーン・経済的と言われ続けた原子力発電というものが一度制御不能に陥った時、その危険、健康被害、経済的損失がいかに甚大なものとなるかを今回の福島原発を通して知ってほしい、さらには原発そのものの存在是非についてもう一度じっくり考えてほしい、と伝える。

*動画はパート3まであります

会場:ドメーヌ大学図書館(フランス・グルノーブル)
共演:カズマ・グレン・本村(Dance)、Abdelhamid Cherragui (ウード/アラブ伝統弦楽器)

Videos from the poetry reading held on 30th March at Domaine Universitaire (Grenoble, France). This event was planned to help and raise donations for the Japan earthquake 3/11. After half an hour of reading my poetry, we had a lecture to discuss about the situations in Japan and to share our experiences with the audiences.
Because in France the dependence on nuclear power for the electricity supply is over 70%, the Fukushima nuclear plant’s accident is also a high-publicity case and the audiences in the lecture were not the exceptions.
I asked them to reconsider wether it is worth or not for them to have the nuclear power plants on their land. The nuclear power has been said that it is safe, clean and moneywise but I wanted them to know the brutal risks of the health, environmental chages and economical damages that the society would have to suffer with if once a plant have gone out of control. I believe now is the time to learn from the Fukushima’s accident.

Place: Domaine Universitaire, Library  (Grenoble, France)
With: Kazuma Glen Motomura (Dance), Abdelhamid Cherragui (Oud/Traditional arabic strings)