Le Dauphiné Libéré 記事掲載

Added on by Saori Fukasawa.

1月28日に出演したイベントでの朗読の様子が、ル・ドルフィネ紙に掲載されています。ひとつは朗読会場のあるノード・ドローム地区版、もうひとつはル・ドルフィネ紙インターネット版です。

『詩の原野に昇る太陽』

オートリーヴにある大手書店「バザー・デ・モッツ」の店主アラン・レズ氏による詩のイベントが開かれ、日本の実力派詩人深澤紗織氏が朗読を行ない、大勢の聴衆の心を捉えた。
ジャンマルク・ルグロン、砂原まりの両氏による翻訳と共に、日本語で書かれた美しいモノクロームの巻紙をひろげ、朗読した。
時に激しい言葉で映し出される詩の光景に、誰もが無関心ではいられなかった。

ー記事より一部抜粋

ル・ドルフィネ紙インターネット版 ledalphine.co

ル・ドルフィネ紙インターネット版
ledalphine.co

紙面版:ゲスト詩人たちによる朗読後のトークの様子。写真左端に小っちゃくわたし。 Paper Verision: In the talk session with other poets.

紙面版:ゲスト詩人たちによる朗読後のトークの様子。写真左端に小っちゃくわたし。
Paper Verision: In the talk session with other poets.

Two Articles in “Le Dauphiné Libéré”

Two articles about the event “Poetry night with Maison de la Poésie” held on 28th January were published in a french newspaper “Le Dauphiné Libéré”. One is for the local area of Nord-Drome where the event was held and the other is for their website version.

"Alain Lèze, the famous bookseller of the ” Baz’ art des Mots “, in Hauterives, organized an evening poetry during  which an authentic japanese poet, Saori Fukasawa, gave to a numerous conquered public a sample of its poet’s talents…
Saori has read, rollers in hand, magnificent monologues of her own invention in japanese language, widely translated by Marie Sunahara, an other bilingual poet.
Saori, witness of this agitated period, expresses an often rather violent vision of the world in the scents of sulfur which left nobody indifferent…" (translation by Jean-Marc Legrand)

- Excerpt from the article